ページ

2018年5月31日木曜日

計画的に勉強しよう

こんにちは。
いつも大変お世話になっております。フラップス座間校の高岡です。


日の入り時間がどんどんのびて、気温も日に日に高くなり夏が近づいていることを感じさせられます。

早い学校では運動会が開催されることを生徒から聞いています。
体調管理に気をつけてください。


本日はよい記憶の仕方について少しお話ししたいと思います。

宿題や、提出物のワークを進めるときに皆さんは一気に片付けようとしたり、進めようとしていませんか?




提出日や時間追われて、一気にやってしまう。。。。

なんてことが多い人もいるのではないでしょうか?
必ず計画を立てて、コツコツと取り組めるように優先順位をつけて行いましょう。


そのなかでやったことをおぼえられたら、必ずテストをしましょう!!

ひたすら暗記をするだけでなく、
覚えた内容をその場でテストすることが重要です。



中学生は期末テストが近づいています。
ノートにまとめる時間も大切ですが、演習をする時間もきちんと確保しましょう。



小学生もぜひ、漢字などを覚えるのに使ってください。







2018年5月20日日曜日

丸つけと解きなおしの勧め

皆さんは、丸つけにこだわりはお持ちでしょうか?



いつもお世話になっております。

学習塾フラップス 座間校の岸川です。



中間テストを明日に控えた生徒、既に終えた生徒がいる中で、この土日は自習ラッシュでした。


その中で、生徒から出てきた悩みへの答えと、先週小学生からもらった質問への答えにちょうど重なる部分があったので、ご紹介できたらと思います。

以下、生徒からもらった質問です。



中学生:間違えた問題がなかなかできるようにならないんですけど、どうしたら苦手を克服できますか?

小学生:なんで丸つけってしないといけないの?









皆さんであればどんなお話をされるでしょうか?


フラップス座間校では、問題を解いたらすぐに丸つけをするように指導しています。
苦手な単元であれば、1問解いたら即丸つけです。


何故なら、

・間違えた方法で練習してしまう可能性があるため
・取り組む問題自体を間違えてしまう可能性があるため

です。


私はサッカーをやっていたので、生徒にはよくサッカーに例えて話をします。








例えば、


ゴールを決めることを目標にした子がいたとします。
その子が点を取れないボールをゴールに向かってとばすことができない。
頑張ると決めて目標のためにしている練習が走り込み。


練習の種類が間違えていることに気づいたその子がついにシュート練習を始めた。
でもボールを強く蹴りたいのに足の裏で頑張って押し出している。


これはなかなか結果につながりにくいですよね?
運動だとイヤイヤ、そんなことあるわけないじゃないですか!となりがちですが、勉強では結構あります。




私は、このように自分の努力がずれないために、自分の頑張りが正しく結果に表れるようにするために、
すぐに丸つけをする必要があるのだと考えています。




また、小学校の提出物の影響かどうかは分かりませんが、答えだけ書いて終わる生徒もよくいます
つまり、何故その答えになるかを読み飛ばしているのです。


上記のサッカーの例から考えると、


「シュートを強く打つには足の甲でボールを蹴るんですね!」


と言って練習をせずに満足をしている状態です。


できるようになるためには、同じ練習を繰り返さなければいけませんよね?



・1学期の期末テストで挽回しようとしている人
・もっと実力を伸ばしたい人
・中間テストがなくて、今から期末テストの勉強をしている人


は是非!!
丸つけと解きなおしを意識して取り組んで、必ず結果をつけましょう!!


2018年5月11日金曜日

中間テストがやってきます!

お世話になっております。
学習塾FLAPS座間校の町田です。

GW休校のため、先週1週間お休みがありましたが、
GWの思い出をたくさん教えてもらいました。

沖縄に旅行にいって日焼けをした生徒もいれば
髪の毛をばっさり切った生徒もいました。
(沖縄にいった生徒が「町田先生みたいな人がたくさんいた!」と言っていたのですが、肌の黒さとかが沖縄の方と似ているのですかね?笑)

みんな各々楽しいGWを過ごすことが出来たようですね!
ぜひまたGWの思い出を聞かせていただけたら嬉しいです。





さて、GWが終わったということは、中学生にはとうとう「あれ」がやってきますね!
そうです。


中間テストです!


1年生のみなさんにとっては、中学生初めてのテストですね。
2、3年生のみなさんには進級してから初めてのテストになります。
学年が変わり、教科担当の先生が変わったところも多くあり、どんなテスト形式になるのかドキドキしますね。



今回最初のテストということもあり、どう勉強したらいいのか迷っている人も多くいるかと思います。
よく生徒から「単語をどう勉強したらいいのかわからない」という相談を受けます。


ですので今回は実際に私が学生だったときに行っていた英単語の勉強の仕方をレクチャーしたいと思います。


やり方としては大きく分けて2つあると思います。
書いて覚える方法と見て覚える方法です。


私は見る8割、書く2割くらいの方法がおすすめです。


①まずフリガナをふる。
→読み方がわからないものは覚える気になりません。カタカナ読みで構わないのでフリガナをふりましょう!


②英語→日本語に直せるようになるまで繰り返し見て勉強する。
→すらすら出てくるようまで繰り返し見ましょう!ポイントは1つの単語にたくさん時間はかけず、出てこなかったらすぐに答えをみて次に進み、何周もできるようにしましょう。


③日本語→英語に直せるようになるまで繰り返し見て勉強する。
→このとき覚えにくい単語があるときは書いて練習しましょう。ポイントは②と一緒です。何周も繰り返しできるようにしましょう。


単語を勉強する上で一番のポイントは、1周に時間をかけすぎず、
何周もできるようにすることです。


英語をやる上で単語は最低限の知識です。
テスト前のみならず、日頃から勉強していきましょう!


今回は英単語の勉強の仕方ですが、
どの教科においても繰り返しやることが大切です。


何を勉強したらいいのかわからない。
どこか勉強したらいいのかわからない。


そんな時はFLAPSに来て一緒に勉強しましょう!


土日はDチャレ(テスト対策)を実施しております。

12:00~20:00まで開いております。

ぜひお待ちしております!!!!!